Penggunaan Fukushi "Omowazu, Tsui, dan Ukkari" dalam Bahasa Jepang Sehari-hari oleh Orang Jepang di Sisi, Pengosekan, Ubud Tinjauan Sintaksis dan Semantik.

I Wayan Wahyu Cipta Widiastika, I Wayan Wahyu Cipta Widiastika (2016) Penggunaan Fukushi "Omowazu, Tsui, dan Ukkari" dalam Bahasa Jepang Sehari-hari oleh Orang Jepang di Sisi, Pengosekan, Ubud Tinjauan Sintaksis dan Semantik. Bachelor thesis, Universitas Udayana.

[img] Archive (ABSTRAK)
c3ea5ffbdc2245eb657bca2b172f49a9.pdf - Published Version

Download (589kB)
[img] Archive (BAB I)
e06a36d017ff9d582f15bb0c236ad68f.pdf - Published Version

Download (304kB)
[img] Archive (BAB II)
57a3ebdcbec574ee930c5a9d1521f129.pdf - Published Version

Download (404kB)

Abstract

要旨 本論文のテーマは、Ubud, Pengosekan, シシにて、日本人に日常日本語でよく使われている、思わず、つい、うっかりという副詞である。この研究の目的は、アンケートから手に入れた思わず、つい、うっかりという副詞のデータは、どのように使われているのか、どういう意味、構造又は機能なのか、それから、お互いに交換出来るのか、と分析されています 本論文では、記述的方法を利用する。高見沢 (1997) による副詞の機能の理論を利用する。それに、Pateda (2001) による文脈的な意味の理論を利用する。 分析の結果に基づいて、思わずというのは、わざとしない事、急に、考えていない事と、計画されていない事をやってしまう、それだけでなく、思わずの意味は、油断したりして、心外である様、意外である様、副詞的にそうしようと思った訳ではないのに、無意識に。ついというのは、意識なく、図らず、わざとしない事、油断したりして、時間や距離が僅かな様子。ちょっとつい先程、つい近くまで。動作の素早い様を表す副詞である。うっかりというのは、気抜けして、ぼんやりした様。物事に気づかず、不注意である様子。 思わず、つい、うっかりという副詞は、煙草を吸うという文章の前にくっついていると、お互いに交換出来る。思わずは、急に、考えていない事をやってしまうという状態は、ついとうっかりと絶対交換出来ない。ついとうっかりは、ほとんどお互いに交換出来て、ついつい又は、ついうっかり、二回重ねると、意味が強まる。 キーワード:構造、意味、交換

Item Type: Thesis (Bachelor)
Uncontrolled Keywords: Struktur, makna, substitusi
Subjects: L Education > L Education (General)
Divisions: Faculty of Law, Arts and Social Sciences > School of Education
Depositing User: Mr. Repository Admin
Date Deposited: 07 Jun 2016 24:58
Last Modified: 24 Jun 2016 05:58
URI: http://erepo.unud.ac.id/id/eprint/11887

Actions (login required)

View Item View Item